事例5-タイル割り優先による柱筋のカブリ不足

事例5-タイル割り優先による柱筋のカブリ不足

HKLMST2

意匠にウルサいデベロッパーだったので、タイル割りを優先した結果、柱筋のカブリが不足してしまった事例です。
この程度のことは、チョクチョク起きていました。

怖いことなのですが、行政やデベロッパーの検査員の能力不足をいいことに、設計者・施工者・工事監理者=建設業界の人々の認識の甘さを、感じずにはいられません。

要注意、要注意です。

こんな、感覚ですから欠陥瑕疵も無くなりません!

文責 釈迦牟尼仏(ニクルベ) 建太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です