何故、欠陥住宅(建築)が生産されるのか・・・

何故、欠陥住宅(建築)が生産されるのか・・・

前回のブログでは、「住宅瑕疵担保履行法」のさわりの部分までお話をしました。

ですが、皆さんにとってはそのような解説よりも、もっと根源的問題としての『何故、欠陥住宅(建築)が生産されるか・・・』を個別・具体的に(いまはやりの永田町用語ですねぇ!)となりますよね!

お答えいたします。(永田町用語 うるさい、早くしろってっか!)

答えを言ってしまう前に、数回前のこのブログでの質問を思い出して下さい。そう、トヨタ自動車グループのここ過去5年間のリコール率はいくらか?

誰か、調べられた方はおいででしょうか?

答えは下記を参照下さい。
過去5年間(2010年から2014年までの)生産台数です。
8,557,351+7,858,091+9,909,440+16,117,274+10,285,546=46,727,982台です。
過去5年間の会社別リコール台数とします。
日野318,208+ダイハツ3,873,168+トヨタ9,283,980=13,475,356台です。
いずれも、トヨタ自動車グループが公に発表している数字です。インターネットでググって頂ければ直ぐに出る数字です。
(ですが、生産台数は西暦で、リコール台数は年号数字で記載されています。)
つまり答えは、13,475,356/46,727,982=0.28837873となります。
リコール率は実に、約28.84%です。

どうです。ビックリされましたか?それとも、こんなもんだろう!という感じですか?

私は正直かなりビックリしました。20数年前から、これハジキ出しているのですが、最初に出た数字を見たときは、本当にかなり『えぇー!!!!』って感じになりました。

で、ですねぇ。ここで再度質問です。
車輌は一品生産か、大量生産品か?
答え:大量生産品

又、これはどのような環境下で生産されているものでしょうか。
答え:生産環境の整ったラインによる工場生産品です。

では、最後に車輛に使われる部品の点数はどのくらいでしょうか?
答え:ビスやネジ部品まで含めて、約3万点だと言われています。

因みに、飛行機の部品点数は約300万点だと言われています。

では、住宅(建築)はどうか?
まず、一品生産か、大量生産品か?という問いには。
答え:一品生産財です。どんなにプレハブ化されているものであっても、地盤やその場所による制約、例えば、敷地面積や方位、長辺の長さと短辺の短さ若しくは多角形等と道路付けとの関係、用途地域※の違い等々がある為、個別・具体的に考えるしかないものです。

次に、どのような環境下で生産されているものでしょうか。
答え:私が答えるまでもありませんよね!若者が嫌がる3K(きつい、汚い、危険)職場です。冬になれば、関東地方だって氷点下での屋外作業、夏になれば照り返しのある場所等では、体感温度は40℃以上になろうかという環境条件です。冬では手足が痺れ、夏には余りの暑さに意識が朦朧とし、下手をすれば熱中症に掛かろうかという環境です。

最後に、住宅や建築工事での部品点数はどうか?
答え:ごく一般的な都市部の木造3階建ての戸建て住宅で、約20万点以上、これが1億円を超えるような、鉄筋コンクリートの戸建て住宅では約60~100万点ほどです。そして、鉄筋コンクリート造やプレキャストコンクリート造(構造PC※)のマンションでは約200万点以上となります。

いかがでしょうか?試作を繰り返し、その試作に基づいた生産工程や作業設計、作業ラインの適正化を予め検討できる大量生産財で、生産に適した環境での作業で且つ部品点数も住宅の約1/10程度の自動車産業のクレーム率が28.84%だとすれば、建築産業(住宅を含む)の欠陥率が、インターネット上で言われているように6割や8割程度ではないかと言われるのには多少納得される部分があるのではないでしょうか。もちろん、部品精度や組立精度の違いはありますが、一品生産であること、生産環境条件が全く異なること、部品点数が約10倍であること等々を考えると、ここだけの部分を取ってみると、ある種しょうがないのかなと思う部分もあるのですが、皆さんは如何でしょうか?

ここで、また質問です。
建築士と建築家の違いは何か?西欧と日本の建築士制度の大きな違いは何か?

文責 釈迦牟尼仏(ニクルベ) 建太

次回に続く(続ー何故、欠陥住宅(建築)が生産されるのか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です