杭データ偽装事件151016

杭データ偽装事件151016

全4棟の建て替え検討…マンション傾斜で三井側
2015年10月16日 08時35分

三井不動産グループが分譲した横浜市都筑区の大型マンション

三井不動産グループが分譲した横浜市都筑区の大型マンションで、建物を支える杭(くい)の一部が固い地盤(支持層)まで届いていなかった問題で、販売した三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)の藤林清隆社長は15日夜、住民説明会を開き、傾いていない3棟を含め全4棟の建て替えを基本的枠組みとして協議していく考えを明らかにした。
杭打ち工事を請け負った旭化成建材(千代田区)は、過去約10年間で手がけた全国約3000棟について同様の事例がないか緊急調査を始める。
説明会で三井不動産レジデンシャル側は、部屋の買い取りや、精神的負担についても補償する考えを示した。さらに、一時避難先としてホテルに宿泊する場合の費用や、建て替え完了までの仮住まいの費用も補償すると説明した。
ここまでhttps://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20151016-118-OYT1T50005より引用

三井不系、全棟建て替え提案 傾いたマンション問題
2015/10/15 22:59
日本経済新聞 電子版

三井不動産グループが販売した横浜市都筑区の大型マンションが傾いている問題で、三井不動産レジデンシャルがマンションの住民に対し、傾いた棟を含む全棟の建て替えを提案していることが15日分かった。同社の藤林清隆社長が同日開いた住民説明会で明らかにした。住戸を購入価格以上で買い取る方針も示したもようだ。今後、住民との協議を進める。
151016
建て替えを提案している4棟は敷地面積が3万平方メートル超で、700世帯余りが居住する。建て替えには住民の同意が必要なため、同社は今後、住民との対話を通じて理解を求めていく。
住戸の買い取りについては、購入価格を最低買い取り価格として提案したとみられる。
4棟すべてを建て替えると、費用は「少なくとも200億円以上」(不動産コンサルタント)。期間は3年以上かかる見通しだ。
横浜市などによると、問題のマンションでは傾斜が確認された棟で8本の杭(くい)の施工不良が判明。データの改ざんも3棟で38本あることが分かっている。
住民によると、安全性や風評被害による資産価値の下落についての不安が広がっており、傾いた棟以外の住民からも建て替えを要求する声は多いという。同社は建て替えに伴い、仮住まいの費用も負担する考えだ。
同社はこうした提案と並行し、近く全棟の地盤調査に着手。建物の安全性を確認する。傾いた棟を戻す是正工事の方法についても検討を続けていくとみられる。
ここまでhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15I4D_V11C15A0TI1000/より引用

三井不動産「心よりおわび」 傾いたマンション問題
2015/10/16 10:22

三井不動産は16日、傘下の三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区の大型マンションが基礎工事の不具合により傾いている問題で「多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしていることを心よりおわび申し上げます」とのコメントを発表した。三井不によると、三井不動産レジデンシャルと設計施工を手掛けた三井住友建設の両社が現在調査を進めている。業績への影響は不明で「確認でき次第お知らせする」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
ここまでhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASFL16H5C_W5A011C1000000/より引用

横浜の傾いたマンション、日立ハイテクが関与を明らかに
2015/10/15 18:15
日立ハイテクノロジーズ(8036)は15日、三井不動産(8801)傘下の三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区の大型マンションが傾いている問題で、マンション建設時に工程の進捗確認や現場の安全管理などを行う一次下請けとして関与していたことを明らかにした。
日立ハイテクは問題について「所有者や居住者、関係者に多大なご心配をかけたことをおわびする」とコメントを出した。現在は施工者の三井住友建設(1821)と二次下請けの施工会社である旭化成(3407)グループの旭化成建材と原因究明を行っており、「真摯に対応していく」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
ここまでhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASFL15HN7_V11C15A0000000/より引用

文責 釈迦牟尼仏(ミクルベ) 建太

次回に続く(杭データ偽装事件151014-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です