販売業者への欠陥・瑕疵の是正依頼-2

販売業者への欠陥・瑕疵の是正依頼-2

前回までのブログの内容では、販売業者への欠陥・瑕疵の是正依頼ではたぶんあなたの望むほどの是正工事に至らないその理由について、まだ言い尽くせていない部分がありますのでその部分を補足させていただきます。

まず、この規模の分譲マンションを購入して欠陥だと思われる部位を見つけてしまったら、先に示した「あなたが気になる箇所のEXCELデータ(メモ+詳細内容記述+画像)」を作成していただき、且つ下に列記した項目を埋めて頂くとともに、不足する資料等については、その所在の有無を整理記載し下記のコメント欄から『事例相談』の題名にてご相談ください。

たぶんですが、送って頂いたデータの内容次第になりますが、この段階でお送り頂いたご相談の3~4割はその物件に問題(欠陥・瑕疵)があるか否かはお応えできると思います。

それでは、整理依頼項目です。
1.-住所
2.-地名地番※3
3.-戸数とⅠ住戸当たりの平均床面積※4
4.-販売時のパンフレット、及び売り出し時のダイレクトメールや配布用パンフレット
5.-土地+建物の登記簿謄本※5 貴方の所有する部分のみで結構です
6.-建築確認申請書※13(構造計算書を含む)の副本の原本とその有無と所在場所と管理者の名前等をご確認ください。もし、できることならその写しでも管理組合が所有していることが望ましいので、写しをとってもらうことが出来るかも相談してみてください
7.-確認申請書以外の行政庁への届け出書類一式。大規模開発であれば、都市計画法※6、開発許可書類※7や宅地造成等規制法※8の届け出も行われているはずです。また、その土地が元化学工場等の場合であれば、土壌汚染対策法※9にのっとった、対策を完了しているか否かの確認もお願いいたします。これも、届け出書類があるはずです。もし、管理組合に聞いても分からない場合は、近隣にお住いの方にお聞きするのが一番手っ取り早いとおもいます。また、小規模の場合でも都市近郊であれば緑化計画書※10等もあるはずです。兎に角、管理組合、管理会社、販売会社等々に確認をし、出来るだけの届け出書類の有無、所在場所及び管理担当者を整理して頂きたくお願いします。これらも、本来管理組合が所有していることが望ましいので写しをご確認ください
8.-竣工図の有無を確認ください。これはかなり重要です
9.-路線及び最寄り駅及びそこからの歩行距離
10.-一番近い幹線道路及びそこからの道路幅員※11
11.-その建物の計画由来をお調べください。等価交換や土地所有者による分譲と賃貸の同時開発物件であるか等です
12.-また、その建物の低層階に店舗等があるか否か、また居住階に事務所等が入っているか
13.-一階占有庭やベランダ、バルコニー等に物置や神社や石仏等が置かれていないか
14.-所有者と居住者が異なる住戸の有無とその数
15.-販売会社とマンション管理会社の関係、管理会社が販売会社の関連会社ではないか
16.-東西南北の全景写真,屋上の全景写真をお願いします
17.-バルコニー、ベランダと廊下側の柱をまたいで左右の梁部分の写真
18.-バルコニー、ベランダと廊下側の足元の排水溝部分+立ち上がり部分の写真
19.-手の届く範囲での打診棒による打診検査※12を、お願いします、打診棒でタイル面を軽く叩きその打診音でタイルの浮きを確認できます。打診してみて、コンコンという音は大丈夫です。カランカランというような軽い音がする部分があったら、テープないしは後々消せるものでマーキングしてください、その分はたぶんタイルが浮いている個所です
20-階数、構造(鉄筋コンクリートか否か)、建設会社名、設計者、工事管理者、現場監督名

以上、思いつくままにチェック項目を列記しましたが、最低限お願いしたいのは
①-あなたの気になる箇所のEXCELデータ作成
②-先にご紹介させていただいたさくら事務所のチェック項目の出来るだけ多くの箇所のデータ
③-上記のうちの1,3,5,6,8,12,15,16,17,18,19,20です
これらを準備して、下記コメント欄より『相談事例』でご相談ください。

当然ですが、コメント欄にはご相談用内容のみとし、詳細に関しましては当方よりメールアドレスをお知らせさせていただきますので、そちらで資料等は添付送信願います。
尚、出来ますればgmailが有難いと存じます。。

よほどの事がない限りは、2~3日以内には、最初のご連絡をさせていただきます。

文責 釈迦牟尼仏 建太

次回に続く販売業者への欠陥・瑕疵の是正依頼-3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です