販売業者への瑕疵是正依頼の結論は・・

販売業者への瑕疵是正依頼の結論は・・

前回までのブログで、販売業者への欠陥・瑕疵の是正依頼でも専門家が必要な事がご理解頂けたでしょうか?もちろん、あなたご自身で先のEXCELデータを作って、インターネットで勉強をし交渉されることは、あなたの判断ですのでそれはそれで、尊重します。そういう、考えの方のために、ここで最終結論の一端を披露させていただきます。

まず、私がご提示頂いた資料から判断して、重大な瑕疵が限りなくある可能性が高いと判断した場合は、以下のことを覚悟してください。

1-訴訟期間は短くて4年から5年かかります。長いもので10年程度です。
2-かなり上手くいって勝訴を勝ち取ったとしても、あなたの負担金額は1,000万円前後だとお考え下さい。もちろん、全面勝訴を勝ち取れなければ、あなたの負担はもっとおもくなります。訴訟期間が長くなれば、さらに増える事になります。

かなりつき放した言い方に聞こえるかもしれませんが、これが現実であり、これが粘り強く頑張ったあなたへのご褒美としての、勝利の女神の微笑みの実態です。いかがでしょうか、この現実を突きつけられてもあなたご自身が交渉をされる選択をされますか。
私はそれも尊重したいと思います。そんな方の重たい思いも含めて、このブログを立ち上げたつもりです。なので、このブログではいままでどこにも記述されていない内部事情や技術の問題を私の知る限り開陳させていただきます。

ただ二つだけ、どうしてもそんなあなたにご提示できないものがあります。
それは、建築技術者としての感性と、勝訴を勝ち取ることのできる弁護士の感性です。
それだけは、どう頑張ってもあなたにご提供することはできません!
何故なら、40年以上にわたる実践の賜物なのですから。

その代わりと言っては何ですが、この長い訴訟期間のあなたやあなたのご家族の精神的苦痛は筆舌に尽くしがたいものになると思います。その精神的苦痛を少しでも、和らげるために同じ苦しみを共有する方達のための、自由な発言の場の開設も視野に入れているところです。一人で悩んでいてもなかなか先には進めません。同じ悩みを持つ者達同士がお互いに手を取り合って、こんな苦しみのない次代を作る礎となろうではありませんか。そんな程度の事しか私にはできません。ですが、やらない選択をするよりも、やるという選択をする事にこそ価値があると思うのです。

これで、5W3Hの内のWhom-誰にはとりあえず、分かって頂けたのではないかと思います。また、ここでのHow-についても、上記の内容でそれなりに分かって頂けたのではないかと思います。あと一点、When-いつですが、それは去年の流行語ではありませんが『今でしょ!!!!』が、ことこの問題に関しては真理です。なぜなら、とにかく時間が勝負だからです。先に示した、売り主側の居住者と売り主側の管理会社であった場合、居住者の合意形成に軽く2~3年を要してしまいます。膳は急げ!です、いまから直ぐにでも、着手することをお勧めいたします。

なので、私も寝食を忘れてこのブログに没頭しますので、あなたも絶対に諦めずにこの問題に対峙していきましょう。

ここで質問です。建設業は大きく分けて、建築・機械設備・電気設備がありますが、この業種の違いによる年間の完工事高と利益率がどれほどかをお答えください。

文責 釈迦牟尼仏 建太

次回に続く建築の本当の安全は、地震と火災が起きてみないと分からない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です